カテゴリ:登る。( 58 )



ご報告が遅くなりましたが、7月30日、無事に帰国しました。



f0180230_17105886.jpg




とにかくお天気に恵まれました。


そして、ガイドさん、ホテルのスタッフの皆さん、街で出会った各国の皆さん、


たくさんの皆さんに支えていただきました。


そのおかげで、念願のトレッキングも、何と4トレイルも歩くことができました。


一番長かったのが19km。短かったのは3km弱。


4トレイル合計ではざっと40km歩きましたかね。


写真はそれらトレイルでのもの。ほんの一部ですがちょい見せ(笑)


カナディアンロッキーの、ほんのほんの一部に触れただけなのですが、


それでも、「山歩き」に対する考えとか想いとか、自分の中の物差しが変わりました。


行って良かった。本当に良かった。


ちょっとずつでも、時間をかけてでも、バンフでの日々をご報告できたらと、


そんな風に思っております。(ロンドンもまだなのに…orz)
[PR]
by free_silvermoon | 2016-08-03 17:11 | 登る。 | Comments(0)

バンフ事前覚書



ロンドン話もアップしていないというのにスミマセン…orz...



昨年9月に行ったカナダのバンフへ、再度行くことになりまして。


現地ガイドさんとのやりとりでほぼ日程が固まったので覚書をば。




【7/23(土)~7/30(土)】


・往復ともにエア・カナダ。


・ホテルは前回のフェアモントが街の端っこでちょい面倒だったので、

 今回はメインストリートにあるにあるFOX HOTEL。


・お店各種は前回行ってるので不安なし!  買うよ、アレを( *´艸`)




(7/23) 成田を夕方出発⇒カナダ・カルガリーに午前中着。


     日本で事前予約したエアポーターでバンフへ移動。


     ホテル着は午後、昼過ぎの予定なので、すぐに街散策。




(7/24)歩きの慣らしを兼ねて、2人でフェンランド・トレイル散策。


    プラス、ケイブ&ベイスン国定史跡や博物館を巡る。




(7/25)終日貸切プライベートハイキングツアー。


    予定コースはヒーリーメドウ。


    歩行距離約18km、標高差655m、最高点標高2330m。


    所要時間7時間の中級コース。


    ガイドさんの送迎&案内で行きます。




(7/26)前日のクールダウンを兼ねて、2人でトンネルマウンテン散策。


    歩行距離4.6km、標高差300m。


    バンフの町中からスタートするお気軽コース。




(7/27)他の申込者と一緒のガイドさん案内の終日ハイキング。


    予定コースはヘレン・レイク。


    歩行距離14km、標高差550m、最高点標高2500m。


    所要時間5時間半の中級コース。




(7/28)またまたほかの申込者さんと一緒の ガイドさん案内の半日ハイキング。


    予定コースはグラッシーレイク。

  
    歩行距離3.6km、標高差170m、最高点標高1600m。


    所要時間1時間半の初級コース。




(7/29)帰国へ。カルガリーを昼過ぎに出発⇒成田に7/30午後着。





天気次第ですが、5回、ハイキング。

(※カナダでは私のするような登山をハイキングと言います)


うち、3回を現地の日本人ガイドさん付きにしました。


なぜって……


トレイル(登山口)入口までの交通をお願いできること、


現地の植物の解説をお願いできること、


そして、熊スプレーをお願いできること(笑)


いや、熊スプレー、高価なんですよ…;;


しかも「スプレー」だから、現地で買って使わなかった場合、日本に持ち帰れず…;;


カナディアン・ロッキーに住むグリズリーさんやブラックベアさんは


あんまり熊鈴が通用しないそうで。


ということで、熊スプレー持参のガイドさんは有り難いのです☆



昨年バンフへ行った際のコロンビア大氷原ツアーでお世話になったガイドさんから、


ハイキング情報をいろいろ仕入れていて……やっぱガイドさんは必要ね!と。


ということで、ホテルから近い場所以外はガイドさんをお願いしました。


しかも、1回は完全プライベート!!(私たち夫婦とガイドさんの3人のみ)


料金はかかりますが、じっくりとカナディアン・ロッキーを堪能したくて…☆


あとはお天気に恵まれることを祈るだけです!!!


まぁ、悪天候でも楽しみますけどね(^_-)-☆
[PR]
by free_silvermoon | 2016-06-08 17:08 | 登る。 | Comments(2)


f0180230_17575639.jpg

こちらではこうした「水」も楽しみですが、そのほかにも…







f0180230_1758536.jpg

こんな楽しみも。よくまぁグルグルと………






f0180230_17581650.jpg

新たな命も。



あとは、水場、ということで、湿気があれば、当然……




f0180230_17585583.jpg

苔!!!



f0180230_1759745.jpg


f0180230_17591788.jpg


f0180230_17592744.jpg


麗しい~~♪ 苔の世界、好きなんです(^^ゞ



こんな風に、自然を満喫できるから、山歩きは楽しい!!!



ちなみに、今週末もちょいと登ってくる予定です。




~オマケ~




f0180230_17594021.jpg

菌類繁栄(笑)





f0180230_17595135.jpg

山歩きの際のコーヒーは、いつもこのシリーズです。



便利でなかなか美味。



ブラックで飲みながら、羊羹を食べるのが、我が家の山での贅沢です(笑)
[PR]
by free_silvermoon | 2015-12-03 18:00 | 登る。 | Comments(0)


秋の紅葉報告をもう1つ。


今年の5月にも行きました「尚仁沢湧水」へ足を運んでみました♪




**********************************



5月の様子はコチラ ⇒⇒⇒ 山シーズン本番を前に足慣らし【尚仁沢湧水】



**********************************




f0180230_17273230.jpg


f0180230_17274592.jpg


f0180230_17275496.jpg


そこかしこに根こそぎ倒された木々……(涙)



f0180230_1728589.jpg


湧水への歩道には土砂が……。



9月下旬、未曽有の豪雨に襲われた際の爪痕に驚かされました……



が!それと同時に、変わらぬ美しさも見せてくれる自然の力に感動も。



f0180230_17282092.jpg


f0180230_17283071.jpg


綺麗なグラデーションです☆




f0180230_17294951.jpg


f0180230_17295999.jpg


f0180230_1730917.jpg


f0180230_17302778.jpg


f0180230_17303828.jpg



水量豊富。水の流れに心洗われます。 (続く)
[PR]
by free_silvermoon | 2015-12-02 17:31 | 登る。 | Comments(0)


コーヒー休憩などを交えつつ歩くこと約2時間。






f0180230_16431759.jpg

一つ目の滝に到着!!




f0180230_16433172.jpg

正面から。「雷霆の滝」です。




f0180230_16434338.jpg

大迫力~♪



f0180230_16435463.jpg

色彩豊かな木々に囲まれているんですよ。




f0180230_1644533.jpg

更に木漏れ日の中を更に進むこと約30分…




f0180230_16441526.jpg

もう一つの滝に到着!!水しぶきで煙ってます☆




f0180230_16442759.jpg

「咆哮霹靂の滝」。




f0180230_16443663.jpg

こちらも色とりどり。





滝をじっくり堪能した後、ひたすら登りでUターンしまして、



ついでに、近くの池にも寄ってみました。


f0180230_16445495.jpg

f0180230_1645382.jpg

f0180230_16451222.jpg




大好きな山と滝を満喫しまくりの一日でした~☆

(この後に食べたお蕎麦も、立ち寄った温泉も最高だったな!!)
[PR]
by free_silvermoon | 2015-11-27 16:45 | 登る。 | Comments(4)


またまた久々のアップです…(汗)



我が家周辺は紅葉シーズンが終わって、「冬」って感じなのですが、



西日本方面は今が盛りですかね!?



そんな紅葉の想い出を載せておこうかなと思います☆





足を運んだのは地元の某山系。


今回は初の滝巡りです。







f0180230_17534111.jpg

まさに秋晴れ!!



f0180230_17535226.jpg

登山道入り口で可愛い実がお出迎え♪




f0180230_1754976.jpg

木々の中をひたすら歩きます。行きはひたすら下り。





f0180230_17541946.jpg

f0180230_17543072.jpg

宙に浮く枯葉!  細ーーーーーい蜘蛛の糸で吊られてます。




f0180230_1754462.jpg

しばらく歩くと渓流と合流。水の流れる音を聴きながら歩く歩く!



で。


渓流、つまり、水が豊富、湿気が豊富ということで……




f0180230_17545939.jpg


f0180230_1755851.jpg


f0180230_18133097.jpg

素敵な苔があちこちに~♪♪




f0180230_18134271.jpg

菌類繁栄に笑顔(笑)



途中、コーヒーを沸かしたりして休憩しつつ、歩くこと約2時間。



ついに滝に到着します~(続く)
[PR]
by free_silvermoon | 2015-11-26 18:14 | 登る。 | Comments(0)


f0180230_1656355.jpg


冠雪の山々を眺めつつ、アサバスカ氷河へ向かいます。




アサバスカ氷河へは、


バスターミナル⇒普通のバスで氷上車乗り場へ⇒氷上車に乗り換え氷河の上へ


と、2種類の車を使って移動しますよ。




f0180230_16565830.jpg


見えました、アサバスカ氷河!!



f0180230_173172.jpg


こんな移動になります。この写真は普通のバスの中から撮りました。




f0180230_16572350.jpg


到着!これが氷上車でして、世界に24台しかございません。


うち、23台は、ここアサバスカ氷河用。


もう1台は……米軍がお持ちだそうです……。




f0180230_16573538.jpg


なんかもう、圧巻。



f0180230_16574932.jpg


私たちが乗った赤い車は3代目。白は最新の4代目だそうですよ。


多国籍わらわら。飛び交う言語もわらわら。





f0180230_1658641.jpg


これが氷河の色。薄――――い、なんとも素敵なブルー。


グレイシャーブルー(氷河の青)と言いますよ☆





氷河の上には…なんだかんだで20分ぐらいいたのかな?


その後、バスターミナルへ戻りまして、


氷河からほど近い、新しい観光スポットへ。





f0180230_16582381.jpg


氷河が削った鋭い谷の上に……



f0180230_16583633.jpg


こんな歩道が設置されてます。「グレイシャースカイウォーク」。



f0180230_16584990.jpg


ここもまた多国籍、言語も様々。でも、皆同じ笑顔、同じ興奮。



f0180230_1659114.jpg


真下に見えた滝。樹の大きさと比較すれば、その滝の雄大さが判ります。






氷河、スカイウォークと楽しんだ後は、湖を巡りながらバンフへ戻ります。

f0180230_16592352.jpg


f0180230_16593249.jpg


f0180230_16594954.jpg


f0180230_17033.jpg


f0180230_1701874.jpg


f0180230_1703058.jpg


f0180230_1704319.jpg


f0180230_1705567.jpg


f0180230_1711145.jpg


f0180230_1712762.jpg


雄大な自然を大いに満喫。感動したとしか言いようがありません。



ガイドさんには、早々に「山を登る人」と判ってしまい、



カナディアンロッキーの登山のアレコレを伝授していただきました。



特に、生態系、食物連鎖のピラミッドの違いを念入りに教えていただきまして…。



簡単にいいますと、



日本の山の食物連鎖、その頂点は「熊」(ツキノワグマやヒグマ)ですが、



カナディアンロッキーでは熊より上位がいるわけです。



グレイウルフ(オオカミ)、クーガー(ピューマ)、ですね。



彼らには熊以上に気を付けねばならないわけでして…(特にテント泊の場合)。



もちろん、熊も日本とは違うので、対策もしなくちゃならないし…。



その辺りのお話から、トレッキングコースのアレコレ、穴場アレコレなど…。



ということで、次回、カナディアンロッキーのトレッキングガイドをお願いすることに決定(笑)



仕事の都合次第ではありますが、来年行けたら行きたいなぁ~と。



来年だめなら再来年には必ず!!



もうすっかりバンフに魅了されてしまったのでした(^^ゞ
[PR]
by free_silvermoon | 2015-10-30 17:04 | 登る。 | Comments(2)


21日は、急遽、前々日に滑り込みで申し込んだツアーに参加。



「コロンビア大氷原観光」をしてきました~♪



ガイドさんの運転&案内で私たちを含めて10名、



カナディアンロッキーの景色を堪能しながら、湖や氷河を巡りましたよ。



一番の目玉は、ツアータイトルにある「コロンビア大氷原」。



言葉の通り、「大」きな「氷」の「原」っぱ、でして。広さは325㎢。



そのコロンビア大氷原の一部の、「アサバスカ氷河」の上を雪上車で移動し、



そして、氷河の上を自分の足で歩ける!という素敵な企画☆



この雪上車⇒自分の足で氷河に立てるのは、このアサバスカ氷河だけ!!



レアです、レア!!!





ということで、前半は、アサバスカ氷河に到着するまでの写真をばばーんと(笑)


f0180230_18552735.jpg


f0180230_18553720.jpg


f0180230_18554842.jpg


f0180230_18555654.jpg


f0180230_1856780.jpg


f0180230_18561960.jpg


f0180230_18562844.jpg


f0180230_18564167.jpg


f0180230_1857262.jpg


f0180230_18571299.jpg


f0180230_18572722.jpg


f0180230_18573462.jpg


f0180230_18574339.jpg


f0180230_18575112.jpg


f0180230_1858079.jpg


f0180230_18581438.jpg


f0180230_1859689.jpg


f0180230_18592344.jpg

[PR]
by free_silvermoon | 2015-10-22 18:59 | 登る。 | Comments(2)



20日は、初バンフの人には欠かせない「Sulphur Mountain」からスタート!!



Sulphur Mountainはバンフの町を囲むゴート連山の一部。



展望台まではゴンドラに乗ること約8分。



そこから更に歩くこと20分くらいで、標高2285mの山頂に到着です。



まずはここからバンフの街を眺めねば!!!





f0180230_1748118.jpg


なかなか急。


f0180230_17482132.jpg


到着して振り返れば、やぱり急。一気に登ったのだなと実感。



f0180230_1748342.jpg


街が一望できます!!



f0180230_17484218.jpg


泊まっているホテル。



f0180230_17485330.jpg


バンフの街。


f0180230_1749392.jpg


f0180230_17491284.jpg


f0180230_17492239.jpg


景色を眺めつつ、ゆるゆる山頂へ歩いて行きます。


歩道が整備されているので歩きやすいですよ♪




f0180230_17493357.jpg


山頂の旧測候所に到着~って、そこで見えたのが…




f0180230_17494319.jpg


虹!!!!!



f0180230_17495254.jpg


別方向にももう一つ虹!!!!



f0180230_1750883.jpg


虹が見えたのは10分もなかったかな…ラッキー☆



どこのお国の方か判らない皆さんと一緒に大はしゃぎでした!!

(その時はやはり英語ですね・笑)







ゴンドラで下山後は、その足で近くの温泉、Upper Hot Springsへ☆

(写真は撮らなかったので、公式HPや口コミサイトで雰囲気をどうぞ(^^ゞ)



このために水着も持参したんですからねェ~入らないわけにはいかない!!




そして、街へ下りて、遅いランチをしたり、お土産物を大量物色したり、お茶したり。



荷物を一旦、ホテルに置いて、また街へ出てディナーをしたり、更に追加買い物したり。



そんな感じで、充実の一日を過ごしたのでした☆

(ちなみに、ディナーはまたまたアルバータ牛・笑)

(すんごい気に入っちゃいました☆)

(やっぱり店員さんが愉快なおしゃべり好きな方で、盛り上がった~♪)

(あ、ランチのピザ屋さんでも店員さんと盛り上がりましたよ☆)
[PR]
by free_silvermoon | 2015-10-16 06:47 | 登る。 | Comments(0)



19日の到着日は、ホテル内の散策(これがまた広い…)


⇒街中へ移動してinformation center で国立公園の入園料支払


⇒ついでに街中散策…でほぼ終了~☆




って、ここで、山好きな方の中には「入園料??」と思う方もいるかもしれません。



そう、カナダの国立公園は入園料支払が義務付けられてます。



私たちが行った際、他の日本人観光客はほぼほぼ団体客で、



その人たちは皆、旅行会社が全て手配していたようですが、私たちは個人旅行。



ってことで、information centerへ直接支払に行きました。



で、ついでに、centerのスタッフさんに登山の相談を……したのですが;;



なんと、お目当てのtrekking route はすでに冠雪!!花皆無!!



ついでに言えば、翌日に行こうと思ってましたが天気はあまりよろしくないと…;;



あいやぁ~;;



予定では、一日をトレッキング、もう一日をサルファー山&温泉&買い物。



そう考えていましたが、冠雪&花皆無では……;;



で、更にスタッフさんにいろいろ相談しましたが、とにかく雪が…;;



そこで、今回はトレッキングは断念。



急遽、一日を外せないサルファー山&温泉&買い物にして、



もう一日を急遽、観光ツアーに充てることにしました。



結果的にはその観光ツアーが大正解!!だったのですけどね(*^^)v



そのご報告はまた追って。









ちなみに、初ディナーはホテル内のレストラン、Bow Valley Grillで、、


バンフ名物のアルバータ牛の


ALBERTA BEEF TENDERLOIN とROAST ALBERTA PRIME RIB 7oz Cutをシェア。


(写真撮り忘れたので…ご興味のある方は口コミサイトの写真をどうぞ;;)


(スタッフさんとのおしゃべりや、旦那くんとの会話に夢中で撮り忘れ;;)


(毎度、そんな感じで撮り忘れてました;;)


(バンフのみなさんは会話好き。観光客を楽しませようというサービス精神!?)


(すごく話しかけてくるのでこちらも会話が楽しかった!)




f0180230_1720217.jpg


f0180230_17203151.jpg


f0180230_17204173.jpg


f0180230_17205257.jpg


そのディナー前にスタッフさんにOKを頂き、ホテル内を少し撮影してみました。


f0180230_1721588.jpg


入口のグリズリーさんの像、気に入りましたヨ(笑)



窓の外の景色もウットリものでした☆

f0180230_17214960.jpg

[PR]
by free_silvermoon | 2015-10-15 17:22 | 登る。 | Comments(2)

観たり聴いたり食べたり育てたり。日々の雑記をつらつらと。


by 伊織